自律神経失調症・頭痛

頭痛

日本人の3人に1人は頭痛持ちと言われる位多くの人が悩まれている頭痛。
たかが頭痛と軽く見られがちですがひどくなると日常生活に支障をきたし、命にかかわる病気が潜んでいる可能性もあります。
いつものことだからと我慢してしまったり、痛くなったら薬を飲んでおけばいいとその場だけの対処では一向に頭痛は改善されません。
頭痛を引き起こす原因をしっかりと理解して予防、対処することが必要です。

頭痛は大きく分けて緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛があります。

緊張型頭痛の特徴は首、肩の緊張感とともにギューッと締め付けられるような痛みが後頭部から首にかけて出現します。
頭痛の7割は緊張型頭痛と言われています。
原因は長時間の同一姿勢による姿勢の歪みによるもので、緊張した筋肉が後頭部にある神経を圧迫することで起こります。

片頭痛の特徴は拍動とともにズキン、ズキンという痛みがこめかみ辺りに出現します。
原因は急激な血管の拡張による自律神経の乱れと言われています。

群発頭痛の特徴は決まった時間に片側に痛みが出現します。
また目の奥がえぐられるような痛みがあります。
原因は片頭痛と同じく急激な血管の拡張による自律神経の乱れと言われています。

これらの頭痛を起こさないために予防することが大事です。
原因はそれぞれ異なるように思えますが共通しているのが首、肩周りの緊張による血流障害と自律神経の乱れです。

自律神経とは活動時に働く交感神経と安静時に働く副交感神経のことで、血液の循環や呼吸に作用する臓器の活動を担っています。
自律神経の乱れはこの交感神経と副交感神経のバランスが崩れることを言い、筋肉が緊張状態にある時は交感神経が優位になっている状態です。

緊張型頭痛は交感神経が優位になっている状態、そして片頭痛・群発頭痛は交感神経優位の状態が強く、反動で副交感神経が過剰に優位になっている状態です。

片頭痛・群発頭痛も元々交感神経が優位になってしまったことが原因となりますので、普段から自律神経のバランスを整えることが必要です。

また自律神経が乱れてくると筋肉が緊張しやすくなったり、呼吸が浅くなったり、内臓の調子が悪くなったりと頭痛だけでなく身体全体の不調に繋がります。

自律神経は首の周りに集まっており、首や肩の筋肉が緊張してしまうと自律神経が筋肉により圧迫され身体全体の不調に繋がってしまいますので普段から首、肩の凝りや張りを残しておくのも良くありません。

当院では普段動かしづらい肩甲骨や胸郭、身体の土台である骨盤、緊張してしまった筋肉を人間本来の正しい位置に整える整体を行っています。
この整体により姿勢だけでなく流れが悪くなってしまった血管やバランスの乱れてしまった自律神経も整えることができるため、今まで我慢してきた頭痛の改善が期待されます。

いろんな病院に行ったがなかなか良くならない経験のある方、いつも薬を飲んでその場しのぎをしてきた方、ぜひ当院にお越しください。

 

 

自律神経と首・肩のコリ

こんな症状ありませんか?

・首や肩のハリ
・頭痛
・動悸
・不眠や眠りの浅さ
・異常な汗
・体調を崩しやすい
・身体の冷え
・無気力やだるさ
・疲れやすい
・不安感
・胸の苦しさ
・集中力の低下
・落ち込みやすい

これらの症状に心当たりのある方は、自律神経失調症かもしれません。その症状、愛知県名古屋市のひかり整骨院で治療できます。

 

DSC_0120

人間の身体には自律神経といって、生命活動を維持するための神経があります。その自律神経は、他でもない首の部分でたばになっており、首こりや肩こりなどが慢性的になるとその部分で圧迫や刺激を受けて自律神経のバランスが崩れます。たかが肩コリ、たかが首コリ、ですがされど肩・首コリなのです。首という脳と身体をつなぐ唯一の部位の異常は、全身に思わぬ症状を引き起こします。

 

自律神経の種類

自律神経にはいくつか種類があります。交感神経とは、主に精神的な緊張時や興奮状態働く神経です。神経心拍数が増えたり、呼吸が早くなったり、口がかわく、消化機能の抑制など、身体を活発に活動させる時に働く神経になります。

副交感神経とは、反対にリラックスしている時や、寝ている時に働く神経です。心拍数を下げたり、呼吸が深くなったり、消化運動の促進などの仕事を行います。

本来、人間は朝起きると交感神経にスイッチが入り、夕方日の入りの時間に副交感神経にスイッチが入れ替わるという機能を備えています。それが現代社会でのストレスや生活習慣の乱れ、夜遅くまで働く、また不良姿勢からくる首や肩の緊張から自律神経のバランスを乱してしまう人が非常に多くなっております。これが自律神経失調症の主な要因です。

 

精神に作用する自律神経失調症

風邪なら熱がでます。咳や鼻水といった症状があります。痛みを感じる症状は辛いですが、痛いという明確な異常があります。自覚症状や、計測できる異常が発生する症状というのは、辛いですがそれでも異常があることを周囲に理解してもらえ、治療の必要があると自他共認めることができます。

自律神経失調症は、自律神経の異常という肉体的な原因によって引き起こされる症状ですが、その症状には無気力感や不安感、わけもなくイライラしたり、ヒステリックな衝動に駆られたり、集中力が低下して仕事の能率が落ちるといったものがあります。

こうした精神面に現れる症状は、自分もそれが自律神経失調症によるものと考えずに、自分の精神的な未熟さにあると考えてしまうことがあります。そして周りの人間もそのように思ってしまいがちです。ですが、風邪を引いた人間にマラソンをさせても、本人の頑張りに関係なく良いタイムが出ないように、自律神経失調症による精神面の症状は、肉体的な問題から引き起こされているもので、本人のせいではありません。

ですがそうしたストレスはさらに症状を悪化させます。睡眠の質の低下や不眠症、頭痛やめまい、冷え、無気力やイライラの悪化、またそれにより身体の緊張をまねき、首や肩がこり、また症状が悪化といった悪循環に陥ってしまいます。

当院では自律神経にアプローチする整体、また自身の(特に首や肩)緊張を起こしにくくする整体、また体の反射を使った(上脊髄反射)治療を行っております。
症状でお悩みの方はお早めにご相談ください。患者様の心身の苦痛を取り除く手助けをさせていただきます。

縁上
ひかり整骨院お問い合わせ
縁下

ひかり整骨院のご案内

治療院名 ひかり整骨院
住所 〒452-0803 愛知県名古屋市西区大野木5-11
受付時間 月〜金 9:00〜12:30/15:30〜20:00
土曜日 9:00〜14:00
休診日 水・土曜日午後、日曜日・祝日
お問い合わせ番号 052-508-9495
E-Mail hikariseikotsu.net@gmail.com
駐車場 全8台完備
 
 

Googleマップへ

Appleマップへ

駐車場案内図

駐車場案内

ひかり整骨院前駐車場 3台

ひかり整骨院

第二駐車場 3台

ひかり整骨院 第二駐車場1 ひかり整骨院 第二駐車場2 ひかり整骨院 第二駐車場3

第三駐車場 2台 5番・6番

ひかり整骨院 亀のマークの第三駐車場1 ひかり整骨院 亀のマークの第三駐車場2 ひかり整骨院 亀のマークの第三駐車場3

ページトップへ戻る